トピックス

「しょらさん」と「ちゅらさん」、似てないですか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝セリ場に行くと、真っ先に鮮魚課五十子社員から「しょらさん鰹」入荷したよと声をかけられました。

 

昨年4月19日にブログで紹介して以来、約1年ぶりの登場です。

セリ場には最後残りの3尾が並んでいましたが既に売約済みでした。

入荷と同時に複数本が直ぐに売られ、午前4時の時点で既に仲卸店舗の店先で販売されていました。

本州最南端、黒潮の恵みを受ける和歌山県串本町は、古くから漁業が盛んです。

黒潮に乗って北上するマグロやカツオ、北の海で大きく成長して南下してくるサンマなど回遊魚の漁の他、アジ、イワシ、サバなどの中型魚など魚種、漁獲量も豊富です。

「しょらさん」とは、串本の言葉で「愛しい人」の意味なんですが、沖縄の方言「ちゅらさん」と似てると思いませんか?

ちゅらさんは、「美ら(ちゅら)」、美しい、キレイ、清らかの沖縄方言の形容詞で、美しいさま、立派なさまを褒め称える言葉です。

ネットで調べたら、筆者と同じ感覚の人がいるんですね。興味深いことがアップされていました。

串本付近で使われている「しょらさん」、沖縄で使う「ちゅらさん」、そして土佐弁の「じょかいさん」とは同じ意味で使われているそうです。

これの流れは、太古の時代からの黒潮と共にカツオを追っかけていた「黒潮文化圏」に共通することだそうです。

海流、潮目が言葉や生活習慣まで影響を与えるんですね。

一匹、一匹丁寧に扱われたこだわりのブランド魚「しょらさん鰹」、是非とも食べて欲しいサカナです。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー