トピックス

『ぶわたら』ってなんですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仲卸:「今日、ぶわ9ケースね。」

セリ人:「ありがとうございます!切り良く10ケース積んでおきまーす」

仲卸:「(値段)やっておけよー。」

セリ人:「じゃー20ケース積んでおきまーす。」

仲卸:「(水曜日だから)そんなに売れねーよ。」

セリ人:「では、10ケースで。ありがとうございます。」

 

朝のセリ場での一コマ。ちゃっかり追っ付け。商売上手。

ん!?ちょっとマッテ。

『ぶわ』って何?

 

こちらが仲卸さんが1ケース追っ付けられた魚です↓

img_5084

分厚い!これが、「ぶわ」か・・・

 

ん・・・ちょっと違うんだな・・・

分厚い魚を「ぶわ」と呼びません。

 

源波部長に伺いました。

「ぶわ」とは「ぶわたら」の事で、

「ぶわ」の「ぶ」は、「腑(はらわた)」の事。

つまり、腑(はらわた)を分けた(捌いた)鱈の事を「ぶわたら」と言うそうです。

 

なるほど。しかし、真鱈は鮮度落ちが特に早い魚。旬の真鱈をぶわたらにして家族に食べさせたいな・・・

こんなに食べられないしな・・・

img_5087

 

安心してください!

10年・・・いや、20年以上売れている「ぶわたら」のロングヒット商品がございます。

こちら↓

img_5077

塩釜加工「勝又商店」さんのぶわたらです。

魚の木版画で有名の『岩渕欣治』さんが描いた真鱈で魚市場のお馴染み商品。

真鱈は特に鮮度劣化が早い魚。しかし、適度な塩で加工することで、水分量を調整し身質に張りが出て劣化を防ぐ事が出来ます。

img_5083 img_5081

張りに艶、素晴らしい一品ですね。

img_5080

この真鱈シールが目印ですよ~

お店では1パック多く「追っ付け」られることはないとおもいますが・・・

出荷の旬を迎えている「ぶわたら」いかがでしょうか~

img_5071 img_5086

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. コンスタントに、北海道からサンマ入荷してます。
  2. 梅雨が明けるまであんなに暑かったのに・・・・、今年は完全に冷夏です。
  3. 4日ぶりの水揚げになった、平塚漁港・朝どれ鮮魚『追駈け』入荷情報をお知らせする黒板には・・・...
  4. すぽーーーーーーん!!ぼらジローの奴め・・・今度はホズミンと楽しそうに絡みや...
  5. 先週末の29・30日の両日、横浜港にある大さん橋ホールにて「大さん橋だいにんぐ」が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー