トピックス

『ぼうまた(大原)のぷりぷりいわし』本当にプリプリしてる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ぷりぷりいわし」知ってますか?

当社塩干合物課吉川社員イチオシ、千葉県いすみ市大原にある㈲ぼうまた水産の干物なんです。

正式名称は、『ぼうまた(大原)のぷりぷりいわし』です。

今年はサンマ、秋鮭、スルメイカなどの漁獲量が不漁。いや記録的な不漁なんです。

しかしイワシだけは日本各地で豊漁。

良いイワシが獲れているから、良い加工品が出来上がるんです。

どうですか!小羽鰯・小中羽鰯サイズなんですがネーミング通り丸々太ってプリプリでしょ。

そして製品の出来が非常に良い=とても丁寧な仕事をしてます。

良く見てみると、竹串と藁を使った目刺しです。

試しに焼いて食べてみました。

始め中火で少し焦げ目が出来るくらい焼き、数回ひっくり返しながら弱火で1~2分と焼き方が書いてありましたが・・・・・。

う~ん、ちょっと焼き過ぎたかな?

焼き魚ロースターで焼きましたが、七輪で焼いたら最高でしょうね。

普通の人より魚を食べる機会の多い市場関係者が試食して、「美味しい」と言うだから鉄板の商品です。

見た目は大切で、焼き上がりの姿が非常キレイで食欲をそそります。

『ぼうまた(大原)のぷりぷりいわし』は、丸干しなんですが身肉は脂がのっていてジューシー。

塩味が効き過ぎておらず、程よい加減もイイです。

年末年始にかけては何かと忙しくなる時期、風邪防止のためにイワシなど青魚は有効に働くそうです。

『ぼうまた(大原)のぷりぷりいわし』を食べて、2017年を乗り切ろう!

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー