トピックス

『イカす』デザイン箱だぜぃ!! 小木(おぎ)のバライカ入荷!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イカす』デザインの商品が入荷!

それがこちら↓

ムムム・・・

眼に入ってくるのは『船内一尾凍結いか』の文字・・・

 

いやいやいやいや・・・

高級ブランド「ルイ・〇ィトン」にも引けを取らない『イカす』デザインなのだ。

 

よーく見てみると・・・

見えて来ましたよ~

更によく見てみると・・・

きたきたきたきたききた・・・・

『お』と『ぎ』が至る所に・・・・

こちらには・・・

家紋の様な『小』のロゴ。

このデザインが箱、いっぱいに施されている魚箱と言えば、

魚市場で愛され続けているトップブランド、JFいしかわ小木(おぎ)支所、通称『小木のバライカ』が入荷しました。

 

なぜ?長年に渡り売れ続けているのでしょう?

 

仲卸さんに伺いました。

スルメイカは鮮度落ちが早い魚。

小木の冷凍スルメイカは「冷凍品」なのに解凍しても、イカの鮮度が落ちていないとの事。

そう言われれば・・・確かに。

スルメイカは空気に触れると、白くなる魚

船内凍結だからこそ、できる事なのでしょう。

(本日鮮魚で入荷した石川県産スルメイカ)

 

そういえば・・・昨年はスルメイカの相場は、不漁による近年稀に見る高値になりました。

源波部長いわく、「今、日本海で水揚げされているムギイカ(スルメイカの幼魚)が昨年以上の水揚げになっているので、今年は期待できるだろう」との事。

小木のバライカも7月初旬から中旬にかけて新物が入荷するので、今年は要チェックですよ~!!

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー