トピックス

『カジキマグロ』はいません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小笠原より天然メカジキが入荷してました。

題目の「カジキマグロ」と言う魚は分類上は存在せず、マグロは「サバ科」。

市場に入荷するカジキ類は、大きく分けて2つです。『メカジキ科』のメカジキ。

マカジキ・フウライカジキ・バショウカジキなどの『マカジキ科』の2つです。

%e3%83%a1%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%82%ad %e3%83%9e%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%82%ad

入荷の主力は『メカジキ』です。

この「メカジキ」・・・とても、不思議な進化をしている魚なんです。

発達した上顎。大きな魚眼。歯が無い腹ヒレが無い鱗も無い・・・などなど。

昼は深海で過ごし、夜に表層に上がってくるとの事。独自の進化を遂げている魚なんですね・・・

漁獲は延縄漁が主体で、身は薄いピンク色。

柴田課長補佐に聞いたところ、メカジキのポイントは、1・鮮度 2・脂質 との事。

鮮度が良ければ、刺身良し。握って良し。マグロと並べれば、めでたい紅白刺し盛りの出来上がり。

年間を通して入荷はありますが、旬は秋から冬の寒い時期との事。

フライやムニエルにすれば、老若男女、万人受けする魚ではないでしょうか。

秋の一品に「天然生メカジキ」加えてみませんか。

img_3223img_3248img_3222

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー