トピックス

あなたは好きですか?嫌いですか?マボヤ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと気になるものが、特種相対品課北村社員のセリ場に並んでいました。

なんだか分かりますか?アンズの蜜でつけたものではないですよ(笑)。

マボヤの加工品、「ほや水仕立て にごりほや」岩手県メーカーの五十集屋(いさばや)で製造されたものです。

ほや水を使うなんて、かなりの拘り商品です。

この「ほや水仕立て にごりほや」なんですが、あまりホヤ臭くないので筆者のようなホヤビギナーにはピッタリです。

逆にホヤ好きにとっては、かなり物足りないものかもしれません。

東北地方に流通しているのは大半がマボヤで、極稀に天然モノがありますが、ほとんどが養殖モノです。

ホヤ養殖の歴史は古く、約120年前の宮城県唐桑村(現在の気仙沼市唐桑町)で始まったと言われています。

ホヤはその姿形から、漢字では火屋、老海鼠、海鞘、そして海のパイナップルとも呼ばれています。

実はこのホヤ、味覚の基本要素が全て揃った珍しい食材です。

甘味、塩味、酸味、苦味、旨味を一度に楽しめるなんて、どうですか!?凄いでしょ。

ホヤビギナーの筆者には、残念ながら塩味と苦味くらいで、旨味まで堪能できるレベルに達していないですね。

マボヤの旬は6~8月の初夏、夏ですが、早出しのモノは3月になると市場に出回ります。

マボヤファンの皆様、しばらくの間お待ちくださいね。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー