トピックス

あるのが普通ではないんです、トヤマエビ(ボタンエビ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天候不良、時化になるとブログの素材探しに苦労します。

そんな時はセリ場を見渡しても、あっと言う間にサカナ達は仲卸に買われて行き、目当てのサカナを探すことさえできません。

しかし、どんな状況でも特種相対品課石川社員の売り場には、トヤマエビ(ボタンエビ)、ホッコクアカエビ(アマエビ)が何事もなかったように並んでいます。

さすがと唸るばかり、今日も北海道増毛より出荷されています。

トヤマエビは、日本海の全域からベーリング海にかけて生息する寒海深海性のもので、水深100~200㍍付近に生息します。

標準和名の「トヤマエビ」より、一般的にボタンエビとして世間では通用している呼び名です。

標準和名「ボタンエビ」と言う異種もいるので混乱してしまうところですが、相違点が明らかに違うので今度比較対象したいと思います。

ひと言でトヤマエビと言っても、入荷してくるサイズも様々で、特大◎、特大など体長17㌢位が標準で、大きいモノでは25㌢超になるモノもいます。

先日、仲卸伊勢勝の店先に20㌢超級のトヤマエビが並んでいましたが、1尾700円と目が飛び出しそうな値段でした。

シッカリとした肉質と独特の甘さ・旨みをもったトヤマエビは、寿司ネタ、刺身、味噌汁の具材など重宝に利用できる人気のエビです。

追伸

有頭エビを買った際、尾肉を捨てる人は当然いないと思いますが、頭の部分はどうしてますか?

味噌汁の出汁取りや唐揚げなんて一般的ですよね。

そこでワンランク上を目指してビスクなんてどうでしょうか?!

意外と簡単に出来ちゃうので、今度作り方を紹介したいと思います。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー