トピックス

いざ鎌倉、鎌倉サザエ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと気になるキャッチコピーを見つけました「鎌倉サザエ」です。

そのキャッチコピーは、武家の街 鎌倉の海で育ちました。イイですね、何かストーリーを感じます。

鎌倉の海と言えば遠浅で、砂浜。何処でサザエが獲れるの小坪方面なの?それとも稲村ケ崎方面?

その疑問に仲卸の伊勢三小泉部長がビシッと答えてくれました、稲村ケ崎周辺でサザエが獲れるそうです。

しかし、自由に誰でも勝手にサザエを獲ってイイ訳ではありません。

漁業法と言う法律があり、水面で魚や貝を獲ったり、養殖したりすることについて、誰にどう使わせるかを決め、漁業の生産力の発展を図ることを主な目的にルールを定めています。

先日ネット上に、公務員が勝手にアワビやサザエを採取して処罰を受けたニュースがアップされていました。

本件は公務員が漁業権又は漁業行使権侵害として、漁業権者や漁業行使権者から告訴されたため発覚した不祥事です。

サザエは通年安定して水揚げされ市場に並びますが、初夏から夏が産卵期となり、産卵前が最も栄養を蓄えていることから、一般的には春から初夏にかけてが最も身が充実して美味しい時期となります。

鎌倉サザエは全体的に角が余り伸びていないようですが、やはり生息地周辺の海域が波穏やかなせいなのかな。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー