トピックス

お腹に稚魚はいませんでした、ウミタナゴ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横須賀東部漁協、本牧漁協と大量に出荷されているサカナがいます、ウミタナゴです。

北海道中部以南の日本各地の沿岸に生息するウミタナゴ、堤防でのファミリーフィッシングのターゲットとして人気モノです。

実は筆者が子供の頃に、ウミタナゴを狙った訳ではありませんが、防波堤でシモリウキを使って釣ったことがあります。

今回取り上げるにあたってネットで調べたら、とても興味深いサカナだと再認識しました。

ウミタナゴは、メバルやカサゴ、メダカ、グッピーと同じ・・・・・、卵胎生のサカナなんです。

(卵胎生と言っても厳密には、孵化した後、母親から栄養を受取り成長するタイプと、卵内の栄養のみで成長し、孵化するタイプがあるそうです。)

念のためにお腹を軽く押してみましたが、子供は出て来ませんでした。(絵面は寂しいけど、サカナ的には良かったと安堵です。)

出産されたウミタナゴの稚魚はすでに5~7㎝に成長しており、すぐに泳ぐことが出来ます。

1回の出産数は3~80匹超と言われ、「安産の象徴」として妊婦の食料として珍重されている地方もあるそうです。

さてウミタナゴってどんな味なんでしょう?

クックパットで探しても、なめろう、塩焼き、煮付け、唐揚げくらいしかレシピがありませんでした。

ウミタナゴには小骨があり処理が大変なのですが、その手間を省いてくれるのが「なめろう」かもしれません。

サカナは3枚に捌いて、味噌や好きな薬味と調味料を混ぜれば出来上がる簡単料理です。

今度テストキッチン、食べてみたいと思います。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー