トピックス

お財布に「相談」は禁物。至福の時は間違いなし!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎度。フグ太郎です。

皆さんも「値段は時価。それでも食べたい魚」ってありますよね。

鮭児」や「ドウマンガニ」「キンキ」など色々だと思いますが、

魚を良く知っているセリ人達がこう思う魚のNo1が入荷していました。

大型の「クエ」です。

で・・・デ・・・デカい。

img_4461

今日島根県から入荷していた約20㌔の大型クエ。

3㌔台のクエと比較するとよくわかりますね~

img_4465img_4462

 

クエは最初は皆メスで、大きくなるとオスに変わるそうで、10㌔以上ある大型魚は、セリ人達も食べたくなる魚。

食通の滝沢課長補佐に伺いました。

これぐらいのサイズになると、寝かす(熟成させる事)と美味くなるとの事。

10万かぁ・・・と、ぼやいておりました。

仲卸さんのおススメ調理は「クエ鍋」との事。透き通った鍋汁にクエの豊満な脂が溶け出し、その美味さは・・・

食べれた人は羨ましい。

値段は天井知らず。それでも食べたいと思った方は、ぜひ当魚市場へお買い求めを~。

img_4452

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 東京湾子安より、縞々の魚がリンゴ箱に入って入荷しました。
  2. 市場休みの前、別の記事でも紹介した長崎県対馬ブランド魚「紅瞳」。
  3. 本日の朝どれ鮮魚『追駈け』セリの1番札は不動の人気魚『平塚漁港の真アジ』梅雨...
  4. 氷の中には何がいるの?冷たく冷やされた海水に手を突っ込み中身を探ると、出てきました平...
  5. いテテテ・・・360度。

アーカイブ

市場カレンダー