トピックス

かつてブリは、北海道では馴染がなかったそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道の知床、羅臼から7キロ台のブリが大量に入荷しています。

ここ数年、北海道、特に道東の海面の水温が夏から秋にかけて高くなっています。

地球温暖化により、大気だけでなく海水も温められているため、暖水の塊が北海道沖にできて、暖流のサカナが北上しているそうです。

そのため、ブリやメカジキなど本来は暖流で獲れるサカナが北の北海道でも獲れるそうです。

ブリは九州の南部で産卵し、稚魚は北海道の南部へと北上し、北の海の豊富なエサを食べて大きく成長します。

秋になり水温が下がると南下して九州に戻りますが、この南下の途中に日本海の石川、富山、福井辺りを通るのが11月頃。

この時期より寒い冬を迎えるブリを「寒ブリ」と呼び、脂がのって美味しいと言われています。

ブリの高水温の限界は23℃、以前はこれが道南あたりだったのですが、最近はオホーツクにまで上がっているようです。

オホーツク沿岸の羅臼町ではここ数年、サケの定置網にブリが大量に混獲されるようになり、当初は漁業関係者も困惑顔。

しかし、羅臼で獲れるブリは形が良く、脂がのっていて評判が良い。水揚げ後直ぐに船上で活締めされたものは、鮮度も良いですよ。

これからどんどん美味しくなるブリ、本当に楽しみです。

しかし、昨年は寒ブリの代名詞「氷見ブリ」が大不漁でしたが、もしかしたら温暖化が大きく影響して、富山に来る前に先取りされているかも?

img_9987 img_9984 img_9985 img_9991 img_9994

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 画像の加工はしてませんが、金魚みたいにキレイでしょ。
  2. 残念なことに秋鮭の入荷量が非常に少ないですね。
  3. 今日9月2日は、第一土曜日。第一土曜日と言えば、ハマの市場を楽しもう(市場市民開放)。
  4. 先週末の29・30日の両日、横浜港にある大さん橋ホールにて「大さん橋だいにんぐ」が開催されました。
  5. 第一土曜日、ハマの市場を楽しもう(市場開放)が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー