トピックス

がんばれ地魚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社がある地元横浜には、横浜市漁業協同組合・横浜東漁業協同組合の2つの組合があり、当横浜市場にとっては欠かせない地元横浜の漁港を束ねて、

東京湾の魚影豊かな生鮮魚を漁獲だけでなく、規制等も含めて春夏秋冬旬の魚を当市場を経由して、皆様の食卓へ届けさせて頂いております。

さて、本日は2つの強い台風が近づきつつある中で横浜市漁業協同組合の1つ小柴支所“小柴”の鮮魚を紹介したいと思います。

小柴と言えば“アナゴ”と“シャコ”が有名で地元神奈川は勿論、都市圏でもブランド魚として名を馳せています。

しかしながらこの他にも様々魅力的な生鮮魚が水揚げされています。

たとえば太刀魚・マコカレイ・エボダイ・キス・カマス・スズキ等々何十種類もの魚が水揚げされています。

(写真は“競り”にかけられている小柴の魚です)

IMG_1234 IMG_1251 IMG_1235 IMG_1241

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー