トピックス

これからの牡蛎は、イワガキが良いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種相対品課、北村社員の売場にプレミアム感満載な牡蛎を見つけました。イワガキです。

貝の1つ1つに「アダコ」と出荷者の名前がタグに打ち込まれています。三重県鳥羽市畔蛸町、的矢湾で採取されたものです。

岩牡蛎は名前の通り外見は岩みたいで英語名はRock oyster です。

日本国内で最も多く出荷されている牡蛎の種類は、イワガキとマガキです。

イワガキの旬は夏で水揚げ時期は6月~9月のおよそ3ヶ月間です。イワガキは産卵期の数ヶ月を時間をかけてゆっくり産卵するため、水温が高い夏の間でも味が落ちることなく産地から出荷されてきます。

また時間をかけて成長するイワガキは、殻と貝が非常に大きく育ち、1キロ近くになるものもあります。

マガキに比べて大きさも厚みもあり、見た目で明らかに分かるほどボリューミーです。

イワガキの味は、その大きさ所以、繊細でジューシーな味わいが特徴です。

夏のバーベキューにイワガキは大活躍間違いなしですよ。しかし、筆者は生で食べたいと思います。

IMG_1704 IMG_1703 IMG_1702 IMG_1709 IMG_1705

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー