トピックス

これからシバエビ本番です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種課のセリ場に、福岡県からシバエビが入荷しています。

久しぶりに出会えたといった印象ですが、旬の時期が秋から春なので初物の入荷です。

入荷される魚介類で、季節を感じられるなんて素敵な仕事だと思います(自画自賛)。

新潟県と東京湾以南の西日本、黄海、東シナ海、台湾までの東アジア沿岸域に生息する中型のエビです。

シバエビはカラダはうすい灰色で、細かい黒い点が体表に散っています。長~いヒゲが特徴で、カラダに細かい毛が生えていて、ザラザラした感触です。

シバエビと言う名前は、江戸時代に東京湾の芝浦で多く漁獲されたことに由来します。

しかし昭和30年頃までは、打瀬網による漁が見られましたが、その後の埋め立てや水質悪化により、ほとんど獲れなくなったそうです。

シバエビと言えば、かつて食品偽装の対象として有名になったのですが、代用されたバナメイエビとは様々な違いがあるのですが、殻を剥いて味付けしたら判別難しいですよ。

シバエビは、取引値もやや高値で安定しています。

生で食べると言うよりも、熱を入れた方が旨みがアップします。

天麩羅にして食べるのが最も知名度が高く、美味しく頂けますのでお勧めです。

このサイズではエビ天は無理があるので、かき揚げに利用するのかな。殻が柔らかいので、そのまま殻ごと食べれます。

タウリン、アスタキサンチン、カルシウム、マグネシウム、不水溶性食物繊維キチンなど、食べて健康になる栄養素を豊富に含んでいます。

旬のモノを食べて、季節を感じましょう。

img_9204 img_9205 img_9207

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー