トピックス

こんなカンパチ平塚の定置網に揚がるんだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着しました。

しかし時刻は午前4時過ぎ、既に横浜の市場に便が到着です???

理由を日海丸の社員に聞いたら、漁獲量が少なく出荷するものがなかったからとのこと。

トラックの荷台から下された魚を見てビックリ、立派に育ったカンパチ!

仲卸やスーパーのバイヤーはこのカンパチを見て、口を揃えて「養殖?」と冗談を言って行きます。

幼魚・若魚のショッコが入荷するのは見慣れた光景ですが、こんなに大きく成長した成魚が出荷されるのはレア=異常な状態ですね。

そして出荷されてきたカンパチを見て驚き、魚のサイズが大から小まで実に様々。

一緒の定置網にかかるのだから、一群の中に色々な大きさの魚が混泳してるんですかね。

カンパチはカツオなどと同じように回遊する魚で、春から夏にかけて北上し、晩秋から冬には南下するそうです。

まさか今日獲れたカンパチは、南下組じゃないですよね。

う~ん、それにしても相模湾の海水温が高いせいなのかな?

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー