トピックス

こんなカンパチ見たことない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨大な魚が入荷していました、カンパチです。釣りモノで重さ64キロのマグロ級の魚体で存在感ありありです。

カンパチは世界中の温かい海に生息し、日本近海では季節的な回遊をし、春から夏に日本列島を北上し、海水温が下がる冬頃にはUターンして春にかけて南下します。

成長すると全長1メートル以上になり、ウィキペディアによると最大で全長190センチ、体重80.6キロの記録があるそうです。

天然のカンパチは東北以南の近海で水揚げされていますが、養殖も盛んで国内の約60%を鹿児島が養殖、他にも愛媛や三重などからも当市場に入荷しています。

丸一尾で2キロから3キロ程のものが美味しいと言われています。

どうしても魚体が大きくなると、味は大味になってしまいますが、今日入荷しているカンパチはどうなんでしょうね。

カンパチはもっぱら刺身や寿司ネタとして生食されています。脂がブリのように多くはなく、適度に感じられ、鮮度が良いとシコシコとした食感が美味しさを感じさせてくれます。

まだ旬には早いですが、養殖物なら居酒屋でいつでも口にすることが出来ますよ。

IMG_1851 IMG_1854 IMG_1853 IMG_1880 IMG_1882

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー