トピックス

さかなと鬼太郎のまち、境港から天然本マグロ入荷しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さかなと鬼太郎のまち境港から天然本マグロが大量入荷しています。

境港は、マグロとカニの水揚げ日本一と市のHPには大きく記載され、マグロの水揚げ量として平成7年、15年、17年、18年と過去4回日本一に輝いているそうです。

(※カニは、松葉ガニ。ズワイガニのことですよ。)

詳しくネットで調べてみると、平成24年のマグロ類(クロマグロ、ミナミマグロ、ビンナガ、メバチ、キハダ、その他のマグロ類)漁獲量を見ると鳥取県は全体では18位、クロマグロだけだと5位となっています。

因みに、地元神奈川県は9位、東京都は7位、1位は静岡県です。そして、平成26年では鳥取県は、2ランクアップ14位にジャンプアップしてました。

境港には、毎年6月~8月上旬にかかけて主にまき網漁法で生クロマグロ(境港天然本まぐろ)が水揚げされます。

本日入荷している本マグロもまき網で獲られたものです。毎年6月には、境港まぐろ感謝祭が行なわれ、鳥取県内外より多勢の観光客が来場されるそうです。

“海の赤いダイヤ”、マグロ丸々1本を余すことなく、有効活用する姿勢やまぐろの魅力を県内外の方に境港は市をあげてアピールしています。

さすが天然もの、赤身と脂の色具合いがいいですね。

IMG_4889 IMG_4893 IMG_4891IMG_4892

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー