トピックス

さまざまスタイルで登場、あなごです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は是非、見てもらいたい魚が入荷したのでご紹介します、穴子です。

穴子は幾度となく画像を掲載してきましたが、こんな形に加工されて入荷されるなんて”素晴らしい”の一言です。とてもキレイに捌かれ発泡に詰められています。

当市場は、あなごの産地にも近いせいもあり、富岡などからの活あなごの入荷や、市場で活け締めされる姿や、海外(韓国)で加工されたあなごなど、セリ場で探すと必ずどこかで見つけることが出来る、日常の中の一部になっている食材です。

以前あなごの旬は夏と記載しましたが、「うなぎ」「ハモ」の流れで、夏にスタミナをつける滋養強壮的なことで旬と思われていますが、夏のあなごは程よく脂が乗った上品な味。

冬の抱卵したあなごは、脂が最高に乗っていけるそうですよ。

寿司や煮あなご、あなご天婦羅にあなごめし。食が進み体重が増えそうです(苦笑)。

IMG_6509 IMG_6512 IMG_6540

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー