トピックス

さまざまスタイルで登場、あなごです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は是非、見てもらいたい魚が入荷したのでご紹介します、穴子です。

穴子は幾度となく画像を掲載してきましたが、こんな形に加工されて入荷されるなんて”素晴らしい”の一言です。とてもキレイに捌かれ発泡に詰められています。

当市場は、あなごの産地にも近いせいもあり、富岡などからの活あなごの入荷や、市場で活け締めされる姿や、海外(韓国)で加工されたあなごなど、セリ場で探すと必ずどこかで見つけることが出来る、日常の中の一部になっている食材です。

以前あなごの旬は夏と記載しましたが、「うなぎ」「ハモ」の流れで、夏にスタミナをつける滋養強壮的なことで旬と思われていますが、夏のあなごは程よく脂が乗った上品な味。

冬の抱卵したあなごは、脂が最高に乗っていけるそうですよ。

寿司や煮あなご、あなご天婦羅にあなごめし。食が進み体重が増えそうです(苦笑)。

IMG_6509 IMG_6512 IMG_6540

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー