トピックス

ずっしり重たい、エボダイ(イボダイ)続々入荷中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小柴漁協より、大型サイズの「エボダイ」がたくさん入荷。

img_3368

今日は特大サイズも入荷。

img_3361

かわいい口のためか・・・この魚、釣りではあまり釣れないとか・・・

四国地方では、クラゲの近くにいるので「クラゲ魚」と呼ばれています。

仲卸さんいわく、まだ脂質の乗りは薄い個体がいるが、この時期おススメの魚種との事。

目利きのポイントは、1・鮮度(ヌメリ具合と目の色) 2・魚体の厚さ↓ との事。

img_3376

競り値は1㌔1000円~2000円と、大きさによって価格の幅が有りました。

干物にすれば、ふっくらと焼き上がり、身離れの良さもあって上品な魚。

しかし、鮮度が良ければ、酢にサッと通した刺身の味は、絶品との事。

この時期におススメしたい地場の魚です。

img_3358 img_3363 img_3387 img_3360

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー