トピックス

たけのこメバルという言葉、知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たけのこの出る季節に美味しくなると言われ、3月後半から5月に多く出回る魚、ウスメバルを紹介します。

仲卸によってはたけのこと呼んでいるくらい市場ではお馴染みです。

筆者はずっと勘違いしていました。ウスメバルのことをアカメバルだと。メバルの仲間は、種類が多種多様なので本当に難しいです。

多くの魚は、近年の刺身ブームで生食されるにつれ値段を上げてきました。しかしメバルは非常に歩留りが悪く、脂の乗った大型以外は刺身ではやや個性に欠けるため、調理の主流が煮付けか焼き魚に軍配が上がる数少ない魚です。

かつては庶民の魚だったのですが、漁獲量が年々減少するのと反比例して値段が高価になった高級魚です。

たけのことメバルとの相性を調べてみたら、どうやらピッタンコの相性のようで、数多くのレシピにたけのこが登場しています。

「目春」や「春告魚」とも呼ばれ、今の時期を代表とするメバル。W主役のメバルとたけのこの煮付け、旬を満喫できますよ。

IMG_1883IMG_5605IMG_5609IMG_5606

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー