トピックス

たけのこメバルという言葉、知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たけのこの出る季節に美味しくなると言われ、3月後半から5月に多く出回る魚、ウスメバルを紹介します。

仲卸によってはたけのこと呼んでいるくらい市場ではお馴染みです。

筆者はずっと勘違いしていました。ウスメバルのことをアカメバルだと。メバルの仲間は、種類が多種多様なので本当に難しいです。

多くの魚は、近年の刺身ブームで生食されるにつれ値段を上げてきました。しかしメバルは非常に歩留りが悪く、脂の乗った大型以外は刺身ではやや個性に欠けるため、調理の主流が煮付けか焼き魚に軍配が上がる数少ない魚です。

かつては庶民の魚だったのですが、漁獲量が年々減少するのと反比例して値段が高価になった高級魚です。

たけのことメバルとの相性を調べてみたら、どうやらピッタンコの相性のようで、数多くのレシピにたけのこが登場しています。

「目春」や「春告魚」とも呼ばれ、今の時期を代表とするメバル。W主役のメバルとたけのこの煮付け、旬を満喫できますよ。

IMG_1883IMG_5605IMG_5609IMG_5606

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー