トピックス

たらふく(鱈腹)見つけました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ブログに掲載した”たらふく”見つけました、太鼓のように丸々太ったタラの腹の実物。

何を食べたらこんなになっちゃうのか、さぞかし白子が腹の中に目一杯詰まっているんでしょうね。

昨日、テレビ東京の”男子ごはん”で、タラを使用したおでん種さつま揚げを作っていました。意外と簡単に作っていて面白そうだったので、この冬挑戦したいと思います。

ところで、このブログで食べたいと言っていた魚で、最近実際に口にしたものをここで報告します。

まずは、北海道の鯛と呼ばれているクロソイです。

近所の魚屋で、何がお勧めと聞いた上で、料理方法も確認して購入しました。内臓処理がされ、皮目にも×印の切れ目が入っており、煮付けで頂きました。

我が家では、見た目黒く子供は何それって感じ。赤い魚か、マグロ、アジじゃないと魚と認めてくれない状態でした。

しかし、出来上がりを頂くと、白身で美味しいのと、小さな骨がなく身が骨から取れやすかったので、子供にも好評でした。

次に写真とは違いますが、ミンククジラです。

年が分かってしまいますが、筆者が小学生の頃は、給食にクジラの竜田揚げを普通に食べていましたが、堅いだけの肉と言う印象でした。

食べ方が分からないので、経理課佐藤社員に聞いて、料理してみました。

さすが哺乳類のクジラ、生は獣の臭いがします。

新鮮なクジラなので、刺身は絶対に譲れない。少量は薄切り刺身にして残りは無難な竜田揚げに挑戦しました。

竜田揚げは下準備で、醤油、酒、しょうが、ニンニクに漬け込み、片栗粉をまぜて、油で揚げようとしたら、家内に油が汚れるからとクレームが入り、フライパンで焼いてみました。

生食の刺身は、レクチャー通り臭み取りのため醤油ではなく、ゴマ油にニンニクを入れて頂きましたが、生食レバーよりも嫌味のない味で、歯ごたえもあり美味でした。

竜田揚げは、少しビックリしました。イメージ違い程よい食感。

牛肉のフィレを思わせるもので、肉の中は少し赤さが残ったミディアムレアでしたが、下味が利いていて美味しかった。

子供には何も言わずに食卓に出したら抵抗なく食べていました。

しかしクジラの肉だとネタ晴らしした後は、一口も食べませんでした(笑)

これからも報告続けます。

IMG_5586 IMG_5585 IMG_5532 IMG_5591 IMG_5590 IMG_5537

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー