トピックス

ちっちゃいけど味は主役級、ジンタです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

でっかい魚に混じって、ちっちゃな主役がやってきました。

またもジンタ、仁丹です。

セリ場を見渡すと、当社だけでも兵庫県淡路島、鹿児島県南九州市、愛媛県宇和島市よりジンタの入荷がありました。

良く見ると同じマアジの幼魚でも、生息地域により魚の色目など全く違うんです。面白いですね。

ジンタは小さいけれど、南蛮漬けや唐揚げなどで骨まで余すことなく食べれます。

小さなジンタは、ほとんど包丁を使わず手で下処理を行います。

その際に注意することは、手の熱で魚が温まると鮮度が落ち味も悪くなるので、素早く捌く必要があります。

ジンタのゼイゴは魚のサイズにもよりますが、取り除かなくても心配ないと言われてます。

しかし、筆者的には一手間加えてゼンゴは取った方がベストだと思います。

魚のアラ汁のように、ジンタを出汁取りそして具として活用したらどうなんだろう?

今度ジンタを入手することが出来たら、挑戦してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  2. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  3. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。
  4. ズラリと並んだ神奈川県産の朝どれ鮮魚『追駈け』鮮度抜群のため・・・アジもこの...
  5. 特種課のセリ場に東京湾よりカサゴが入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー