トピックス

ちょっと近づき過ぎ!遠目から見て八丈の中キンメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ちょっと大き過ぎませんかね、佐藤さん!

鮮魚課佐藤社員のセリ場で、このサイズで?目を疑うようなキンメダイを見つけました。

東京都八丈島より出荷されてきた島廻りのキンメダイ、8㌔5入れサイズです。

1尾あたり1.5~1.6㌔の大物、これでサイズ中なら大はどれだけ大きいんでしょうか?

このサイズだと味はどうなの?しかも島廻りだし・・・・・。

何でも聞けば答えくれる佐藤社員に、キンメダイの目利きポイントを聞いてみました。

①体高が高いもの。

②背を見て厚みのあるもの。(良いモノは尾っぽに向けて分厚いそうです。)

③人間で言う後頭部がこんもり盛り上がっているもの。(サンマの目利きと共通してます。)

※鮮度に関しては、市場のセリ場で販売されているモノですから全く心配無用です。

魚の色が鮮やか過ぎて、まるで修正しているみたいです。

ちょっと画像で遊んでみましょう。

・修正なし(ノーマル)

・修正あり

かなりきつい朱色、正直美味しいとは思えないですね(笑)。

よく佐藤社員に「喰いたいのか?」と聞かれますが、いつも社交辞令で「いいえ」と答えています。

でも、今度タグ付のキンメダイが入荷したら素直に「ハイ」と答えようと思います。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー