トピックス

どうしちゃったの相模湾?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしちゃったんだろう相模湾?

今日、平塚市漁協の川長三晃丸より朝網、追っ駆けのサカナが入荷しました。

ワラサ、アジ、サバ(マサバ)、そして活けモノでイシダイがダンベに入って登場です。

活けモノは、サカナの大きさを見て箱に入れる数を決めます。

今日のイシダイは形も良く、1箱2~3匹で分けられていました。

セリ値もイイ値がついて、一安心。

ここ数カ月、なかなかコンスタントな入荷のない相模湾の定置網。

先日水産業・漁業関係者向けの新聞には、相模湾定置網の「記録的な不漁」の記事が紙上を踊っていました。

川長三晃丸の社員も、「皆に久々どんな状態?」と聞かれ、答えに困り窮する様子がみられました。

自然が相手の商売(漁業)だから仕方がないところもありますが、獲ってなんぼの世界。

なんの手助けにもならないですが、頑張れと声援を送りたいです。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週は、どんな珍客が市場にやってきたのでしょうか?まず1番手は、板マスです。
  2. 先日、仲卸㈱ムラマツの店先であるサカナの色に驚かされました。
  3. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  4. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  5. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。

アーカイブ

市場カレンダー