トピックス

どうしても発泡カスが付いてしまう、ウマズラハギ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも発泡スチロールの箱の中で、皮が擦れて発泡スチロールまみれのウマズラハギを紹介します。

ウマズラハギはフグの仲間でウロコがありませんが、サメに匹敵する紙やすりのような非常に堅くザラザラした皮を有しています。

皮を剥いでから料理するところからカワハギの名が付いたようです。ウマズラハギはその名前の通り、馬の顔に似ているから馬面剥と呼ばれています。

様々な地方名、市場名があり面白いものには博打で身ぐるみ剥がれる意味からバクチ、バクチウチという地方名があるそうです。

四季を通じてまずい時期がなく、フグやヒラメの端境期にあたる夏に代用されることや子持ちの時期にあたることから夏が旬という説もあります。

しかし大概は肝が膨れる晩秋から冬が美味しいと言われています。市場では普通に皮剥ぎされた裸状態でセリ場に並べられていますが、キレイな剥き身にいつも感じさせられます。

市場で取引される値段は、カワハギ>ウマズラハギ

味も人の好みによりますが、カワハギの方が美味しいと言われています。

身質がシッカリとして噛んでいる間に味が出てくるウマズラハギ、お手頃値段で手に入りますよ。是非1度食べてみて下さい。

IMG_3726 IMG_3730 IMG_3771 IMG_3728

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 朝日が眩しい早朝6時。
  2. 春らしい初物が入荷しています、サクラエビです。
  3. 今朝セリ場に行くと、真っ先に鮮魚課五十子社員から「しょらさん鰹」入荷したよと声をかけられました。
  4. 桜の開花と共に、相模湾も活発になって来た事が感じられた本日の追駈け。
  5. かなりいい魚体、そして色艶がイイ魚。

アーカイブ

市場カレンダー