トピックス

なぜ木箱? 箱入り魚貝は大事に育てた証。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリ場に木箱が有ると、何だか高級品に見えてくる今日この頃。

そんな『箱入り娘』・・・では無く、気になる【箱入り魚貝】は・・・

薄っすらと水が浸みている木箱。

 

では・・・

そーと、

開けてみると~

 

三重県産のハマグリが入荷していました。

今日入荷したハマグリは、伊勢神宮の外宮(げくう)奉納品でも知られる三重県のマルゴ水産さんの国産ハマグリ

しかし、なぜ?木箱なんでしょうか?

セリ場でよく見かけるハマグリは・・・

プラスチック製の籠が主流です・・・

岡セリ人いわく、木箱は余分な湿気を吸ってくれるので、貝が長持ちするとの事

ほぉ~勉強になります。

ところで、様々な模様が有るハマグリの貝殻ですが・・・

岡セリ人のイチオシはこちら↓

乳白色に二本の縞模様が入った貝殻色。

三重県産らしい模様との事。

もうすぐ一年で最も出荷量が増える『ひな祭り』ですが、魚市場の『箱入り娘』・・・ならぬ、『箱入りハマグリ』いかがでしょうか~

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー