トピックス

はじめの1歩は、長井水産㈱の「極みの鍋 あんこう鍋」から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「数字にコミットする」、何処かのコマーシャルじゃないですが、私ついつい自ら体験・確認したくなる性分なんです。

食べたいと思ったら、ちょっと我慢できないです。

クエ?まだまだ私には勿体ないですね。

それよりも、今日も各課のセリ場で出逢えることが出来た「アンコウ」、いや「あんこう鍋」を紹介します。

用意するのは、地元横須賀に本社を構える長井水産㈱の『極みの鍋 あんこう鍋』。

そして、仲卸伊勢勝の片山社長より❍❍無じゃ「あんこう鍋」じゃないだろと言われ、少し分けてもらった鮟肝。

鍋にいれる野菜や焼き豆腐などは、予算に合わせてお好きなものをお選び下さい。

作り方は本当に簡単です。

①まず面倒でもやって欲しいのはアンコウの湯通し、魚の臭みを抑えることになるのでとても大切な作業です。

②鮟肝を鍋で炒り、セットに入っている味噌・醤油ベースのタレと水を加えて煮立てます。

③アンコウの切り身を入れて温めれば完成です。

画面上の汁に浮かんでいるのが鮟肝。

やはり鮟肝を入れたことで、出汁全体に旨みとコクがでました。

おそらく、鮟肝を入れないと非常にあっさりした出来上がりに・・・・・、それはそれでOKだと思います。

アンコウ自体の味わいは、他の魚に喩えると「鱈」に似ているかもしれません。

非常に柔らかな白身で、箸で摘まんでも強すぎると身割れしてしまいます。

特別に美味しい訳ではないですが、普通に美味しいです。

こんなに簡単に「あんこう鍋」が作れることが意外で、敷居が低くなった気がしました。

そして鍋の〆と言ったら、うどんやおじや。

セットの出汁にアンコウや野菜などの具材の旨みが加えられて、おススメです。

初めて自宅であんこう鍋を楽しむなら、長井水産㈱の『極みの鍋 あんこう鍋』は鉄板商品ですよ。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー