トピックス

はじめまして、私はムトウです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリ場で見つけた真カレイのムトウさん、何かと発泡のケースを覗いたら・・・・・・、無頭さんでした。

ムトウ=無頭、そして子持ちのマガレイが、キレイに抱卵している様子が見れるような仕立てで箱詰めされています。。

朱色、オレンジ色の卵が美味しそうに顔を覗かせています。

カレイ科御三家(マガレイ、マコガレイ、イシガレイ)の一角を占めるマガレイ、関東の市場では周年入荷があります。

旬を強いて言えば、メスが抱卵した春ごろと、産卵後にモリモリ餌を食べて丸々太った秋ごろと言われています。

当然目の前にいるムトウさんは、煮付けにしたら最高に美味しいと思います。

そして既に頭を取り除かれているので、面倒な下処理がいらないこと、生ごみが家庭で出ないなどメリットが沢山あります。

真ガレイの最大のチャームポイント、そしてマコガレイとの判別ポイントは、裏返しにして尾鰭付近が黄色いところです。そして、鮮度が良いほど黄色みが強いそうです。

マヨラーの筆者は、マガレイのフライ・唐揚げにタルタルソースで食べるのが大好きなんですが、コレステロール値が異常なので現在マヨ断ち中。

カラダのことを考えたら、素焼きか塩焼き、100歩譲ってムニエルですかね。

肉質は上品で弾力があり、カレイの仲間でも一級品です。

比較的お手軽なお値段で入手出来るマガレイ、子持ちの煮付け癖になりますよ。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー