トピックス

ひみ寒ぶり宣言はいつですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶっ太い鰤が入荷しています。富山県の氷見から入荷しています。もしかしたら氷見寒ブリ?と営業一部源波部長に質問してみると、まだ「ひみ寒ぶり宣言」が出ていないので正式には違うとのこと。

「ひみ寒ぶり宣言」、そういえば今年の2月に鰤の聖地氷見で不漁が続き、とうとう宣言の見送りが決められて話題になったものです。

毎年11月下旬頃、氷見港に一定の条件を満たすブリが水揚げされるようになると、「ひみ寒ぶり宣言」が出されます。

今年度の「ひみ寒ぶり」の管理体制については、平成28年11月8日(火)、氷見漁業協同組合と氷見魚仲商業協同組合は「氷見魚ブランド対策協議会」を開催し、詳細が決定されました。

①魚箱の色は青色。

②販売証明書を一尾に一枚発行する。

③販売証明書に掲載される年度と管理番号(シリアルナンバー)は黒字で印字

④魚体重が6キログラムを越えたものを「ひみ寒ぶり」として取り扱います。

ひみ寒ぶりの判定については、判定委員会(構成:生産者、漁協、仲買人の代表10名)が水揚げされる魚の姿、大きさ、数量等の状況を総合的に判断し、開始宣言及び終了宣言が行われるそうです。

ひみ寒ぶり宣言が待ち遠しいですね。

img_1638 img_1643 img_1641

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー