トピックス

ぶりぶりのブリが登場しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年1番!ぶりぶりのブリが登場しました。

北海道は羅臼より出荷されてきたブリ、厭らしい意味じゃなくて「イイカラダ」してますよ。

営業1部源波部長も、脂がのって美味しいよと太鼓判。

筆者がこのブログを始めた2年前は、普通に北海道から立派なブリが出荷されていました。

しかし、この状態が普通ではないことを知らされたのが1年前。

ここ数年、北海道、特に道東の海面水温が地球温暖化の影響を受けて高くなり、メカジキやブリなどの暖流の魚が北上してきています。

そう言えば、今年も秋鮭の定置網漁に、大量のブリがかかっているニュースが流れていました。

ブリの高水温の限界は23℃と言われ、以前は道南辺りが限界の境界線だったのですが、最近はオホーツクまで北上しているそうです。

そして最近は、「三石ぶり」、「はるたち(春立)ぶり」、「船上活〆鰤」など、ブランドブリも数多く登場しています。

これからどんどん出荷されてくる大きく成長したブリ、そして冬本番が待ち遠しい「寒ブリ」、「佐渡ブリ」、「氷見ブリ」。

 

サンマ、鮭、スルメイカと秋を代表する海産物が不調だっただけに、ブリには期待したいです。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー