トピックス

ます寿司にサクラマス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時期、青森県よりコンスタントに入荷のある魚、サクラマス。

とにかく魚体が美しい魚で、出荷地から丁寧に仕立てられ入荷していることが見て読み取れます。

流石にセリ場に捌かれたものはなく、身質、色目をご紹介できなくて残念ですが、とても鮮やかな紅色が食欲をそそります。

富山県の郷土料理ます寿司は、駅弁としても有名ですが、サクラマスを用いて発酵させずに酢で味付けして作られていました。

元来ます寿司に使う鱒は、神通川に遡上してきたサクラマスを使用していたが、現在では遡上するサクラマスが少なくなったことと、需要が増えたことから外国産の鱒類、北海道産のモノが使用されているそうです。

富山県内には、古くから続く製法や味を守る伝統の老舗店や、研究を重ね、進化を続ける店など40社を超えるます寿司を製造する業者があるそうです。

十人十色ではないですが、40店舗以上あれば40以上の個性のあるます寿司が楽しめるそうです。

1匹丸々は買うのが難しいので、スーパー、百貨店でサクラマスを探そうかな。

食べたい魚は、次から次へと増えるばかりです。

IMG_9184 IMG_9187 IMG_9191

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー