トピックス

まだまだ高い毛ガニ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚課小島社員の売り場に珍しいモノが・・・・・。北海道産活け毛ガニです。今日は根室より出荷されています。

おがくずの中でかくれんぼ。キレイにおがくずで固定されて自由に動き出さないようになっています。

不用意に触れると仮眠状態から覚めてしまうので、ノータッチです。毛ガニは産地によって旬が異なるので、1年を通じてどこかで旬を迎え美味しく頂けます。

しかし近年毛ガニの篭漁は深刻的な不漁が続いているため、取引値がどんどん上昇しています。また、カニやエビは好きだけど剥くのが大変で嫌だと言う人は案外多いんです。

毛ガニの本来の味を楽しむのなら絶対活けの毛ガニがお勧め。カニ味噌と身を和えて食べるには鮮度が良くないと駄目ですよ。

そして剥くのが面倒な人はポーション(冷凍した脚等)や剥き身として売られているものを選べば手も汚さずに手軽に毛ガニを堪能できますよ。

カニ類の値段の頂上(年末)を越えたので、少しは値段が落ち着くと良いのにと思うばかりです。

img_3496 img_3499 img_3501

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週、生筋子を紹介しましたが、親もセリ場で発見しました。
  2. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  3. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  4. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  5. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。

アーカイブ

市場カレンダー