トピックス

みなさん、良いサバ入荷しましたよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。

鮮魚課関西のセリ場に長崎県佐世保の地サバ、近海のセリ場に宮城県石巻の金華サバ、北海のセリ場に青森県八戸からも立派なサバが入荷してます。

サバはサバでもマサバ。ずいぶんとずんぐりむっくりして、良さそうなサバです。

ちょっと、マサバとゴマサバが混ざったハイブリットもいますね。

マサバは一般的に秋から冬にかけて脂がのって美味しくなるんですが、今の時期のサバがどうなのか興味があります。

鮮魚課佐藤社員に素朴な質問をしてみました。このサバ良いのか悪いのかと?

佐藤社員は、馬鹿にしてるの?と筆者を一瞥。

このサバいくらすると思ってんの?!と反撃を喰らいました。

宮城県石巻の西條水産から出荷されてきた金華鯖、値段を聞いていてビックリ!

箱売り?1箱の値段にしては安いと思ったら、なんと1㌔当り3,500円を越える超高級品でした。

佐藤社員、冗談ですよ!

魚が良いと認めているから、ブログでアピールすべき情報を収集してるんです。

こんなでっかいサバどうやって食べるのかな?

ご家庭で丸のままで調理するのが厳しいサイズなので、切り身にするのがベストな選択じゃないでしょうか。

今度、サバを入手したら、鉄板レシピ「サバの味噌煮」を挑戦しようかな。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー