トピックス

めざしで1日に必要なカルシウムを補給するには?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何のめざし?すぐ見てイワシの種類が分かったらかなりのサカナ通ですね。

かつては藁や竹串を使っていましたが、最近はストロー状のモノを使って数匹ごとに束ねられています。

どうですか?美味しそうですね、ウルメイワシとマイワシのめざしです。

img_3564 img_3566

筆者が子供の頃、「イワシの目刺しを食べないとカルシウムを補給できないよ。」と母に言われ苦い味を我慢して食べたことがあります。

ところで、イワシのめざしでどれだけのカルシウムを摂取できるのでしょうか?少し調べてみました。

日本人の成人男子で、1日に必要なカルシウム摂取量は600~650mgと言われています。(成人女性で520mg)

しかし、実際に摂取出来ているのは男性で1日平均520mg、女性で489mgと言われています。

この数字をもとに仮の計算をすると、日に130mg、月だと3,900mg、1年では何と瓶の牛乳で約230本超の摂取不足が発生していることになります。

では、イワシの目刺し(丸干し)で1日に必要なカルシウムを補給するには、

・マイワシ(丸干し)  →廃棄率15%、カルシウム440mg

・ウルメイワシ(丸干し)→廃棄率15%、カルシウム570mg

しかし、サカナを煮たり焼いたりするとカルシウム含有量は減少し、そして体内に吸収されるカルシウムも30%程度と言われています。

では650mgのカルシウムを摂取するためには、焼いた目刺しで5~6尾を食べないといけないみたいです。(生のイワシだと26尾だって)

当たり前のことですが、目刺しだけで1日に必要なカルシウムを補給するのは厳しいですね。

やっぱり、バランスのイイ食事を心がけることが大切なんだと実感しました。

img_3567 img_3563 img_3572 img_3575

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー