トピックス

めったにないもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はセリ場でめったにないものを見つけました。1つ目は横須賀井本水産より小石。石鯛の幼魚で、シマダイ、サンバンソウとも言われています。

魚体がとにかくキレイですが、このサイズだと刺身とは行かないので煮付けか丸干しにして食べるか、ブツ切りにしてあら汁も美味しく頂けるそうです。

img_9752 img_9758

2つ目は平塚市漁協の川長三晃丸より追っ駆けでイナダが大量入荷しました。

イナダと言えば大きさによって呼び名が変わる出世魚で、関東ではモジャコ(稚魚)→ワカシ(35センチ以下)→イナダ(35~60センチ)→ワラサ(60~80センチ)→ブリ(80センチ以上)と呼びます。

ブリの旬は冬。本番に向けてこれからどんどん大きく成長し、脂ものって最高に美味しくなってきます。

今年もブリが大量入荷する風景、待っていますよ。

img_9785 img_9786 img_9783 img_9788

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー