トピックス

もっとメジャーになってもいいですねアオダイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログで何度となく紹介している魚を昨日初めて食べました、アオダイです。

これだけブログで紹介しているものの、魚屋の店先で見ることが殆んどない魚です。

そして、水産物の卸・販売を生業としている当社社員でも、食べたことが無かったり、

魚自体を知らない社員がいるくらい不思議な立ち位置のさかなです。

パッと見はイサキやオキメジナに似てます。同じスズキ目のサカナなので、親戚といってもいいかもしれないですね。

実は鮮魚課佐藤社員イチオシのサカナで、見た目丸々肥えていて美味そうです。

どうやって食べようか、まずは刺身は外せない。ネットで調べたら、松皮造りはお勧めのようだったので挑戦しました。

そして刺身だけでは子供が飽きるので、カルパッチョを見様見真似で作ってみました。

アオダイ、下処理の段階でビックリ。マダイやキンメダイ並のシッカリしたウロコ、台所中に飛び散り妻に怒られました。

そして包丁を入れて感じたのは、身の厚さと脂ののり。同じ島回り魚オナガダイとは、明らかに違います。

皮を引くのにかなり苦労したので、松皮造り(モドキ)は結果的には誤魔化しが利いて良かったです。

肝心の味ですが、予想以上に脂がのっており、ねっとりしているが全然諄くない。今巷の刺し身ブームに合った味わいだと思います。

食感は、包丁で切っていても気持ちが良いくらいスパッと切れる身質、当然噛みごたえ抜群です。

表現は悪いのですが、子供は噛み切れず、いつまでも口の中でクチャクチャしてましたが、噛んでいて味が出ているので、直ぐに吐き出さなかったみたいです。

まるでスルメやさきいかのようですね(笑)。

高級魚ではありますが、全く届かない高嶺の花のサカナではありません。東京都(小笠原諸島等)獲れる美味しいサカナです、是非注目してみてください。

IMG_7918 IMG_7919 IMG_7920 IMG_7922 IMG_7925 IMG_7926

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー