トピックス

やった!相模湾のキハダマグロ登場しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協からの追っ駈けで、ワカシ・イナダ、ソウダガツオ、そして湘南カツオが入荷。その代わりにアジの入荷は全然ありませんでした。

台風一過で、潮流が変化したり、海水が混ぜられて、目には見えない変化が起きているんでしょう。

そして遂に日海丸より、待ちに待った大物「キハダマグロ」が入荷しました。

目方は21.4㎏、既にエラや内臓を取り除いた状態での出荷です。

大物が来るとなぜかワクワク、釣り?定置網?、生きていた?死んでいた?等矢継ぎ早に質問をしました。

答えは釣り、当然生きた状態で釣り上げられたそうです。しっ、しまった、コマセ釣りかルアーなのか聞けば良かった。

キハダマグロ、カツオ釣りのスポットとして相模湾は最近非常人気が高く、釣り専門誌「つり丸」などでは大きく紙面が割かれています。

キハダマグロ、カツオ、ソウダガツオに共通することは、生息する海域が熱帯であること。

ちょっと、相模湾の海水温高めですかね?それとも黒潮(日本海流)の蛇行が原因なのかな。

同じ平塚市漁協の川長三晃丸磯崎社長は、「ウチも待っているのにな~ぁ」と独り言。

まだまだチャンスありますよ、日海丸さん、川長三晃丸さん大物爆釣期待してますよ。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー