トピックス

やっぱり週末は自分でクッキング。Part1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末は久々、土曜日、日曜日と2日連続で料理に挑戦しました。それにしても我が家での魚食普及率は高く、週の半数以上は魚関連のものを食べていますが、子供達に上手に食べてもらうために毎回試行錯誤です。

先日さすがに肉が食べたいと子供が文句を言ったので、鯨肉ならあるよとユッケを作ってみましたが、大人受けは良いものの、子供にはなかなか受け入れられなかったようです。

土曜日はカサゴの煮付け。魚は仲卸の石川米で調達しました。下ごしらえはまずウロコ取りより開始。サカナのウロコとは思えない細かく小さなものですが、丁寧に取り除かないと口に入れた時不快感だけが残るので入念に行います。

次はエラと内臓処分ですが、腹を捌くとき、一瞬ドブみたいな匂いがします。海の底に生息するサカナのためやむを得ないことで一気に取り除きましょう。内臓が臭いだけなので身はとてもキレイです。

そしてサカナの臭味取りのために湯通しは筆者的にはお勧めします。飾り包丁は必ず入れて下さい。但し切り過ぎると煮ている間に身崩れしてしまうので注意して下さい。(見た目悪くなります)

煮る際は醤油、ミリン、砂糖、白だし、日本酒もしくは料理酒をレシピ通りに調合してあまり強すぎない火加減で(中→弱)、煮る際に水を使うレシピがありますが、個人的には酒を多く使った方が美味しくなると思います。

img_2772 img_2774 img_2776 img_2779 img_2783img_2817

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  2. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  3. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。
  4. ズラリと並んだ神奈川県産の朝どれ鮮魚『追駈け』鮮度抜群のため・・・アジもこの...
  5. 特種課のセリ場に東京湾よりカサゴが入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー