トピックス

アオダイとウメイロは、ブリとヒラマサみたいな間柄。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タカベが入荷し始めたと思ったら、鮮魚課佐藤社員のセリ場が一気に賑やかになってきました。

島廻りのサカナが、少しづつ豊富になってきました。

そして、どうして!?というサカナがいるんです。アオダイとウメイロです。

モノクロ写真で双方の顔だけ見たら、判別はかなりに難しいでしょうね。

 

アオダイとウメイロは、スズキ目フエダイ科アオダイ属と分類上非常に近い仲間なんです。

簡単に例えてしまうと、ブリとヒラマサの関係みたいなモノです。

たまたま、近くに並んでいたので1尾ずつ並べて画像に残してみました。

色が入っていれば一目瞭然。瑠璃紺、群青色様々な青色を纏ったアオダイと、背鰭から尾鰭にかけて蒲公英のような黄色がチャームポイントのウメイロ。

この2種のサカナたちは、私たちの目だけでなく、舌そして腹までも満たしてくれるんです。

業界の中では高級魚としての地位は確立されているものの、一般的な知名度は低めです。そう言った意味では、少しマイナーなサカナです。

(アオダイは、筆者も当社に勤務して初めてその存在を知りました。ウメイロは、水族館で生きたものを見ることができます。しかし、生きて泳いでいるモノは色が違うのでビックリすると思います。)

アオダイもウメイロも、まずは刺身で食べてもらいたいサカナです。

それも皮目が美味いので、皮霜造りや焼霜造りなどでお腹を満たして欲しいところです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日は昨日と一転して雨、そして真冬と思うくらい寒い。
  2. 100キロオバーの『大間のマグロ』が入荷!延縄漁で漁獲された「本マグロ」立派な釣針が...
  3. 昨日は市場が休み、休市日と市場関係者は呼んでいます。
  4. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  5. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...

アーカイブ

市場カレンダー