トピックス

アカアワビの唇は、ブラックリップ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も特種相対品課石川社員のセリ場で、遥々国際線でやってきた貝がいます。

しかもブク付きでの登場で、殻が赤いオーストラリア産アワビです。

オーストラリアの詳細な地名が表示されていませんが、仮にゴールドコーストだと飛行時間だけで9時間ですからかなりの長旅です。

さぞかしお疲れの様子?と思ったら元気そのもので、箱の中を自由気ままに異動していました。

石川社員からは、このアワビは「ブラックリップ」と言うだよと話され、よく確認すると「脚の部分が黒い」。

比較して他のアワビを見たら、クリーム色でした。

オーストラリアのアワビ輸出の60%は香港・中国・日本向けだそうです。

輸出される品種は本種「ブラックリップ」と「グリーンリップ」の2品種が主で、養殖と天然モノの両方があるそうです。

セリ場に並べられているアワビを見て、「ああ~っオーストラリアね」って簡単に目利き。

凄いな!なぜなの?と思ったら秘密がありました。

このオーストラリア産アワビは、正式名称アカアワビと呼ばれている品種だそうです。

名前の由来・語源は、アワビの仲間で殻が赤いところが特徴でこの名で呼ばれています。

言われてみると貝殻が確実に赤く、アワビを見ている仲買人なら直ぐに分かって当然なのかもしれません。

市場ではオースト、オーストラリアアワビなどと呼ばれ人気があります。

大きめのサイズなので、殻から外して軽くバターソテー。想像するだけでお腹が鳴ります(笑)。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日は昨日と一転して雨、そして真冬と思うくらい寒い。
  2. 100キロオバーの『大間のマグロ』が入荷!延縄漁で漁獲された「本マグロ」立派な釣針が...
  3. 昨日は市場が休み、休市日と市場関係者は呼んでいます。
  4. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  5. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...

アーカイブ

市場カレンダー