トピックス

アカザエビの藜(あかざ)は何色?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛県八幡浜よりアカザエビが入荷しています。英名は japanese lobster Little lobster

フランス名は Langoustine(ラングスティーヌ)、イタリア名は Scampi(スキャンピ・スカンピ・スカンピー)と呼ばれています。場所によっては手長えびと呼ばれるそうです。

アカザエビの語源は体色が植物の藜(あかざ)の若葉にある赤斑(ピンク)に似ていることによると言われています。

房総半島から宮崎県の日向灘と幅広く生息している日本固有種です。厳密に言うと日本にはアカザエビとサガミアカザエビの2種類があり、今日入荷しているのはアカザエビです。(判別方法は鋏爪の色だそうです)

さて、アカザエビはどんな味なのか、1尾頂いて食べてみました。殻は意外と簡単に剥けるのですが、ギザギザの殻の取り扱いは要注意です。英名のロブスターとは異なり大味ではなく繊細。

トヤマエビ(ボタンエビ)やホッコクアカエビ(アマエビ)のようにとろっと甘くとろける第一印象。しかし、しっかりとした噛み応え、食感、そして味わいが口の中に長く残り、舌の上での変化を十分楽しめます。

試しに鋏脚を食べてみたら(殻が堅くポキッと折って吸ってみました。)ちゃんと身が詰まっていたのと、海水の塩気が混ざり、尾肉とは全く違った味でした。

簡単に言うと「美味しい」、鮮魚課五十子(いらご)社員によると伊勢海老にも似た味だとか。

海老好きには絶対食べて欲しい食材、生でも煮ても焼いても美味しいです。

img_1274 img_1276 img_1315

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近の朝晩の寒さは、カラダに堪えます。そんな時は『鍋』がイイですよね。
  2. 個人的なイメージで、何の根拠もない話ですが、今年もアンコウ(鮟鱇)は豊漁な気がします。
  3. 今、皆さんに是非食べて欲しい魚がいるんです。それはブリ。
  4. 早朝の冷え込みが、一段と厳しくなってきた横浜市場。
  5. あ~あ、高級食材見つけた。目の毒ですね。

アーカイブ

市場カレンダー