トピックス

アカシタビラメは面白、美味しい魚です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「赤い舌」がずらっと鮮魚課小島社員のセリ場に並んでいます。

大阪湾は岸和田より、今が旬のアカシタビラメが大量入荷です。

実は筆者旬のモノ先取りで、先週山口産のアカシタビラメを頂きました。

調理方法は、定番料理のムニエル。

今回は調理優先で、「画像なし」で申し訳ございません。

次回は画像に残してみたいと思いますが、アカシタビラメは意外な発見が出来る美味しい魚です。

①見かけによらず、しっかりとした鱗があるんです。

②背中の皮は剥がしやすいが、腹側は滑るので掴み難いんですが剥けると快感です。

③薄っぺらく見えますが、意外な身の厚さ。捨てるところが少ない魚です。

④色々レシピを見ていると包丁で3枚に下ろしていますが、手抜き料理はキッチン鋏で外側のヒレを軟骨(縁側)の部分まで切っちゃて下さい。

⇒縁側部分は、熱を加えると硬さ気にならないですよ。

⑤ムニエルは本当に美味しいけど、不思議なくらいムニエルのレシピがあり過ぎです。

どうですか、アカシタビラメを自分で買って料理したいと思いましたか?!

言い忘れましたが、アカシタビラメの他にクロシタビラメがおり、贅沢に食べ比べなんて絶対にお勧めです。

追伸

館山丸魚㈱秋山社員は、シタビラメを唐揚げにして食べるそうです。

タルタルソースをそっと添えられたら、堪らないでしょうね。

思わず微笑んでしまいます。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  2. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  3. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。
  4. ズラリと並んだ神奈川県産の朝どれ鮮魚『追駈け』鮮度抜群のため・・・アジもこの...
  5. 特種課のセリ場に東京湾よりカサゴが入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー