トピックス

アカムツの喉はなぜ黒いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近アカムツの入荷が多くなってきました。アカムツは市場でも超がつくほど高級魚として扱われている魚で、新潟県を軸とした日本海側では、口内が黒いことから喉黒、(ノドグロ)と呼ばれています。

釣りと底曳網で漁獲され、他の魚とは別格に選別され、宝石を扱うようにキレイに並べられ、セリにかけられるそうです。

別名「白身のトロ」と呼ばれるアカムツは、一年を通して脂がのり、濃厚な旨味を感じさせてくれる魚です。

しかし最も美しいとされている時期には諸説あり、晩秋から冬が美味しいとする説と、産卵前の夏7月から8月が最も美味しいとする説など真逆に存在するのは不思議ですね。

なぜアカムツの喉は黒いのでしょうか?ネットで調べてみましたが解答らしいものがないですね。

でも皆どうしてなんだろうと思っているようです。今度おさかなマイスターに聞いてみたいと思います。

IMG_8878 IMG_8879 IMG_8751 IMG_8868

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー