トピックス

アカムツの喉黒、しっかり撮りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市場でも超高級魚として扱われている魚、アカムツを紹介します。

東の吉次(キンキ)西のアカムツ(ノドグロ)と言われるくらい値段と美味しさは横綱級です。

しかも今は、アカムツの旬。いいモノ入荷してますよ。

口を開けて中をのぞくと、喉の辺りが真っ黒い色をしているので、喉黒(ノドグロ)と呼ばれています。(今回はキチンと写真に収めましたよ。)

アカムツは、高級魚故にその扱いは別格。釣りか底曳網で漁獲され、宝石を扱うようにきれいに並べられます。

釣りで大型なものは、キロ1万円を超えることも特別ではありません。魚体の大小に関らず、白身でありながら、1年を通じて脂が乗り、濃厚な旨味を楽しめる魚で「白身のトロ」と呼ばれています。

旬の話ですが、アカムツについても最も美味しいとされる時期には諸説あり、晩秋から冬が最も美味しいという説や、産卵前の7月から8月が最も美味しいとする説など真逆で存在します。

家族でどうぞ、と言う値段の魚ではないので、料理屋で見つけたら、是非食べて下さい。

IMG_7968 IMG_7973 IMG_7969

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. タカベが入荷し始めたと思ったら、鮮魚課佐藤社員のセリ場が一気に賑やかになってきました。
  2. 梅雨入り前の本日の『追駈け』小型中心の真アジが、だんだん増えて参りました。
  3. 本格的な旬到来、美味そうなイサキが全国各地から入荷されています。
  4. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  5. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...

アーカイブ

市場カレンダー