トピックス

アコウのチョウチン行列やってみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県の銚子、勝浦よりアコウダイが入荷してます。

滅多にラウンドの状態で鮮魚店の店先に並ぶことのないサカナで、ほとんどが切り身か漬け魚状態の方がお馴染みだと思います。

筆者も横浜丸魚に入社して初めて、切り刻まれていないアコウダイを目にしました。

 

目に鮮やか過ぎる朱色、脂がのっているせいなのか色艶が良すぎます。

そして水深500~700㍍の深い海、時には1,000㍍を超える深さから釣上げられるアコウダイが、水圧の急激な変化により目が飛び出し、出目金状態なるのも仕方がないですね(笑)。

しかし、その姿がどこか笑えてしまいますがトレードマークです。

それ故に目が抜け出ると言う意味で、「メヌケ」とも呼ばれています。

因みに同じ朱色の深海に棲むキンメダイが、水深200~800㍍ですから桁違いの水圧が眼球や浮き袋にかかっているんですね。

アコウダイは、カサゴ目フカカサゴ科(あるいはメバル科)に属し、小ちゃくて可愛いカサゴ(笠子)と同じ仲間。

このサカナ、東京湾や相模湾では釣り人から根強い人気があり、針数8~10本の仕掛けでタックル。

産卵期には群も固まり、型も揃うので一家?いや一荷のアコウダイ、「アコウのチョウチン行列」に遭遇できるかもしれません。

カサゴとは色こそ違えど、同じ種類のサカナですから美味しいです。

煮ても、焼いても、蒸しても、そして鮮度が良ければ刺身でもいけますよ。

 

追伸

なぜかアコウダイは極力外気に触れないように、当社社員は気をつけているんです。

その理由は、外気に長時間触れていると乾燥するのと、鮮やかな朱色が色褪せて白くなってしまいます。

食べると大きな差はないのですが、やはり見た目は大事ですよね。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー