トピックス

アコウのチョウチン行列やってみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県の銚子、勝浦よりアコウダイが入荷してます。

滅多にラウンドの状態で鮮魚店の店先に並ぶことのないサカナで、ほとんどが切り身か漬け魚状態の方がお馴染みだと思います。

筆者も横浜丸魚に入社して初めて、切り刻まれていないアコウダイを目にしました。

 

目に鮮やか過ぎる朱色、脂がのっているせいなのか色艶が良すぎます。

そして水深500~700㍍の深い海、時には1,000㍍を超える深さから釣上げられるアコウダイが、水圧の急激な変化により目が飛び出し、出目金状態なるのも仕方がないですね(笑)。

しかし、その姿がどこか笑えてしまいますがトレードマークです。

それ故に目が抜け出ると言う意味で、「メヌケ」とも呼ばれています。

因みに同じ朱色の深海に棲むキンメダイが、水深200~800㍍ですから桁違いの水圧が眼球や浮き袋にかかっているんですね。

アコウダイは、カサゴ目フカカサゴ科(あるいはメバル科)に属し、小ちゃくて可愛いカサゴ(笠子)と同じ仲間。

このサカナ、東京湾や相模湾では釣り人から根強い人気があり、針数8~10本の仕掛けでタックル。

産卵期には群も固まり、型も揃うので一家?いや一荷のアコウダイ、「アコウのチョウチン行列」に遭遇できるかもしれません。

カサゴとは色こそ違えど、同じ種類のサカナですから美味しいです。

煮ても、焼いても、蒸しても、そして鮮度が良ければ刺身でもいけますよ。

 

追伸

なぜかアコウダイは極力外気に触れないように、当社社員は気をつけているんです。

その理由は、外気に長時間触れていると乾燥するのと、鮮やかな朱色が色褪せて白くなってしまいます。

食べると大きな差はないのですが、やはり見た目は大事ですよね。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー