トピックス

アジの王様、シマアジ(縞鯵)歩留りも最高です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アジ類の高級魚と言ったら、”シマアジ”このところ毎日セリ物品として取引されています。

一般的な小売店で見かけることがない。庶民には手の届かない「高嶺の花」的存在で、味も姿も高級魚のなかでもトップクラスです。

見た目は、普段目にしているマアジと同じ仲間とは想像できませんが、尾柄にゼイゴと呼ばれるギザギザのウロコを持つことで、マアジの親戚であることがわかります。

シマアジは夏が旬の魚ですが、養殖に最も成功している魚の一つで、年中出回るようになったそうです。

天然魚と養殖魚の違いをおさかなマイスターの宮島社員に質問してみました。

顔つきに相違点があるようで、天然魚は必死になってエサを取ろうとするため、スッと精悍な顔つきになっているのに対し、養殖魚は、食べるエサに困らないため、少し温和な甘~い顔つきになっているそうです。

今度確認してみたいと思います。

美味しい食べ方は言うまでもなく新鮮な生、刺身です。

ピンク色の身と皮メの美しい魚なので、背の銀皮を綺麗に残して、皮を引いたものを、味覚、視覚の両方で堪能して下さい。

シマアジは高価な魚ですが、体の割に頭が小さく、食べる部分が多い歩留りの良い魚です。

是非一度食べてみて下さい。

IMG_3254 IMG_3417 IMG_3419 IMG_3418

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー