トピックス

アナジャコはどんな味?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年6月2日先週紹介したアナジャコを仕入れたので試しに食べてみてと仲卸横浜丸栄水産(株)細谷専務より数匹頂きました。どうもありがとうございました。

水槽で飼ってみたいという衝動に駆られましたが、味を皆さんに報告しなければいけないと思い、当社食堂のマスターにお願いして素揚げにしてもらいました。

細谷専務には、泥抜き砂抜きの有無を確認すると、キレイに洗えばそのまま大丈夫とのことでした。

アナジャコの硬さ具合ですが、昔、ザリガニが脱皮したものを豆腐と言っていましたが、そこまで緩くはありません。水産物で例えると、ハンペン<アナジャコ<さつま揚げぐらいの感覚ですかね。

肝心の味ですが、アナジャコはミソが甘くて濃厚との前評判。迷わず頭からガブリといきましたが、アマエビ(ホッコクアカエビ)ほど手足が細くないので、口の中でチクチクと刺さったりしないので食べやすく、尻尾はとても甘味、旨味があり美味しい。アナジャコの赤く染まった朱色が食欲と酒を誘います。

フレンチフルコースの前菜、会席料理の先付けや、高級居酒屋のお通しに出てきたら最高ですね。

メイン食材にはなりにくいですが、量は少なくても色鮮やかで食欲をそそり、お酒と一緒に頂いていて次の料理を期待させる役目を十分果たしてくれるはずです。

アナジャコのご注文は仲卸の横浜丸栄水産(株)でよろしくお願いします。

IMG_5372 IMG_5375 IMG_5381 IMG_5383

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日は昨日と一転して雨、そして真冬と思うくらい寒い。
  2. 100キロオバーの『大間のマグロ』が入荷!延縄漁で漁獲された「本マグロ」立派な釣針が...
  3. 昨日は市場が休み、休市日と市場関係者は呼んでいます。
  4. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  5. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...

アーカイブ

市場カレンダー