トピックス

アマダイの社会は、縦割り社会。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小坪の追っ駆けで、アカアマダイが入荷しました。

アマダイは、冬に美味しくなる魚として有名ですが、一般的には旬は冬から初春までとされています。

旬のアマダイは身に旨味も甘みがあり、魚体もグッと大きくなるため歩留まりも良くなります。

今日入荷したアマダイは、少し小振りなサイズですかね。

しかしさすが高級魚アマダイ、セリ値は㌔3,500円を下りませんでした。

アマダイは、意外と旬が一定せず、場合によっては夏の魚として紹介されていることもあります。

日本は、南北に長い国なので、割と旬が一定しないことが普通なので、厳密に拘る意味はないと思います。

アマダイは美しい姿とユニークは顔をして穏やかそうですが、実は競争の激しい縦割り社会で生きています。

アマダイは、集団生活をしているのですが、それぞれが自分の棲みか周辺を縄張りとして生息しています。

テリトリー内に侵入者があれば、激しくボディーアタックして敵を撃退します。

特に産卵期が近づくと、大型のオスの間でグループの王様の座を巡る激しい争いが繰り広げられます。

勝者だけがグループのメス達を独占し、ハーレムを支配する王様になれるのです。

敗れたオスは、子孫も残せず去らないといけません。

アマダイの社会は、競争の激しい一夫多妻制なんです。(因みに顔が面白いコブダイも同じです。)

IMG_7427 IMG_7426 IMG_7428 IMG_7430

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー