トピックス

アンコウで乾燥肌を撃退。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から、市場再編工事のため、セリ場のレイアウト変更、それに伴い一時横浜魚類(株)のセリ場をお借りすることになりました。ご協力ありがとうございました。

いよいよ、鍋シーズン突入のこの時期、鮮魚課、特種課の売場にアンコウ(鮟鱇)が入荷しています。

食べられない所がない歩留りが高い魚で、骨以外は全て食べることが出来ます。

何とかの七つ道具(ある事をするのに必要なひとそろい)と言いますが、アンコウの7つ道具は

1.肝

2.とも(胸びれ、尾びれ)

3.ぬの(卵巣)

4.だい身(身の部分、柳肉とも呼ぶ)

5.胃(水袋とも呼ぶ)

6.えら

7.皮

卵巣のないオスは、ほとんど市場には出回ることがないそうです。

栄養成分は豊富で、タンパク質、コラーゲン、亜鉛、銅、ビタミンA、D、E等沢山摂れる食材です。

是非この冬、アンコウを食べてお肌ツルツルになってみてはどうですか。

IMG_5206 IMG_5227 IMG_5228

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー