トピックス

アンコウで乾燥肌を撃退。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から、市場再編工事のため、セリ場のレイアウト変更、それに伴い一時横浜魚類(株)のセリ場をお借りすることになりました。ご協力ありがとうございました。

いよいよ、鍋シーズン突入のこの時期、鮮魚課、特種課の売場にアンコウ(鮟鱇)が入荷しています。

食べられない所がない歩留りが高い魚で、骨以外は全て食べることが出来ます。

何とかの七つ道具(ある事をするのに必要なひとそろい)と言いますが、アンコウの7つ道具は

1.肝

2.とも(胸びれ、尾びれ)

3.ぬの(卵巣)

4.だい身(身の部分、柳肉とも呼ぶ)

5.胃(水袋とも呼ぶ)

6.えら

7.皮

卵巣のないオスは、ほとんど市場には出回ることがないそうです。

栄養成分は豊富で、タンパク質、コラーゲン、亜鉛、銅、ビタミンA、D、E等沢山摂れる食材です。

是非この冬、アンコウを食べてお肌ツルツルになってみてはどうですか。

IMG_5206 IMG_5227 IMG_5228

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー