トピックス

アンコウは江戸時代には将軍の献上品。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三鳥二魚という言葉を知っていますか?

江戸時代の頃「三鳥二魚」の5大珍味の1つとしてアンコウは歴史的にも名高い高級食材としての地位を築いていました。

三鳥二魚とは、鶴(ツル)、雲雀(ヒバリ)、鷭(バン)、鯛(タイ)鮟鱇(アンコウ)のことです。

水戸徳川家から将軍家への献上品としてアンコウが用いられていたことを示す資料が数多く見つかっているそうです。

「西のふぐ、東のアンコウ」と並び称される高級魚で、とくに茨城県沖で獲れるアンコウは上物として賞されています。

ヤナギ(身)、カワ(皮)、水袋(胃)、キモ(肝臓)、ヌノ(卵巣)、エラ(えら)、トモ(尾ヒレ、胸ヒレ)をアンコウの七つ道具と呼ばれ、あんこう鍋の中に入っている常連さんです。

見た通りプヨプヨのコラーゲンの塊。その他タンパク質、鉄分を豊富に含んでおり、その一方で非常に低カロリーという、健康食として非常に理想的な食材です。

しかし、アンコウのあん肝は、プリン体がいっぱいで、痛風の人には堪らなく痛い食材です。

過剰に摂取することなく何事もほどほどが一番です。鍋には季節の野菜をふんだんに使い、バランスの良い食べ方で行きましょう。

img_1951 img_1941 img_1956

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー